Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
トッケビ

トッケビ11話の感想とあらすじネタバレ!ついにパク・チュンホン登場…?

マウム
マウム
こんにちは!マウムです。

こちらの記事では、トッケビの感想とネタバレを書いています。

見逃してしまった人どんな内容なのか気になる人は是非参考にしてみてください。

Sponsored Link

トッケビのキャスト

トッケビ/キム・シン … コン・ユ
チ・ウンタク … キム・ゴウン
死神 … イ・ドンウク
サニー … ユ・インナ
ユ・ドクファ … ユク・ソンジェ

サニーが前世の妹キム・ソンだと確信を得たシン。

しかし、サニーに前世の記憶はありません。

シンとサニーの兄妹関係、そしてサニーと死神の恋はどうなるのか?

トッケビ10話の感想とあらすじネタバレ!シンの優しいキスにキュン!名シーン再び!韓国ドラマ【トッケビ】10話のネタバレと感想です!私のオススメの韓流ドラマや韓国俳優・女優さんについて書いています!韓国ドラマ動画を無料で見逃し視聴する方法も合わせてお伝えしています。...

トッケビ11話のあらすじネタバレ

サニーが前世の妹であると確信を得たシンは、サニーの元へ向かいました。

サニーを抱き寄せ再開を喜ぶシンだったが、前世の記憶がないサニーは突然のシンの変化に戸惑います。

死神がサニーに、シンは前世での兄だったことを話すが、サニーは信じられない様子。

配達から帰ってきたウンタクに、塩をまくようにいい、2人に帰らせるのでした。

前世で妹に尽くしてあげられなかったことが心残りだったシンは、サニーが前世で好きだったもの、欲しがっていたものを次々と店へ持って行くシン。

サニーからは、店が繁盛して忙しいのにと邪件に扱われてしまうのです。

ウンタクからもまた来たの?と呆れた態度をとられてる始末。

ウンタクは、シンが社長であるサニーに心移りしたのでは?と思い、シンがチキン店に通いつめて困っているとドクファに相談したのです。

すると、ドクファから今まで知らなかった真実を聞いたのです。

前世では、サニーがシンの妹だったこと、死神は人に触れるとその人の前世が見えるということを教えてもらったウンタク。

しかし、どうしてドクファがそんなことを知っているのか不思議だったのです。

後日、サニーとウンタクがカフェでお茶をしている時、「前世なんてものがあると信じる?」とウンタクに聞くサニー。

「人生は4回巡ってくる、タネを蒔く人生、水をあげる人生、収穫する人生、収穫物を食べる人生。人生が4回あるなら前世も存在する」と話すウンタク。

この話をしながらウンタクは、シンの話す高麗時代を思い出しサニーにキム・ソンの話をするのでした。

その話を聞いたサニーは、シンから直接話を聞きたくなりシンの自宅へ向かったのです。

サニーは、シンに証拠を見せてほしいと言いました。

サニーに掛け軸の女性の絵を見せるシン。

絵を見て何か感じるかと聞くシン。

「若くてきれいだ。不器量だった私とは違う」と話すサニー。

「王妃は幸せだったのか?」と尋ねるサニーの言葉を聞いてウンタクと死神は席を外したのです。

そして、シンはサニーに前世の話をするのだった。

シンに戦場で命を落とすよう剣を授けた王へ届く知らせは、シンの勝利の報告ばかりでした。

その報告に苛立ちを隠せない王。

ソンは、そんな王を陰ながら見守っていました。

自分のもとへ、なかなか訪れてくれない王に寂しさを感じていたソン。

やっと訪れてくれたときも、ソンの目の前で「王妃に煎じ薬を届けるな」とお膳をはじき飛ばし、そしてソンにも煎じ薬に口につけるなと言う王。

そんな態度をとっていた王のもとに、ついにシンが王命に逆らい凱旋したのです。

その報告を受た王は、ソンに自分と兄であるシンどちらに死んでほしいかと尋ねたのです。

言葉も出ないソンに、さらに王は誰が敵なのか問うのでした。

ソンは、迷いなく「パク・チュンホン」の名を口にしました。

王は、ソンに選択を迫ります。

「自分の女として生きるのか、大罪人の妹して死ぬのか?」…

そんな王に言葉もないソン。

その後シンは、王へ謁見するために1人で王宮内に入り、ソンは矢を放たれ命を落とすのでした…

前世の話をサニーに話したシン。

「妹はなくなる瞬間まで王を見つめていた」というシンの言葉で、急に胸に痛みを感じたサニー。

シンは、昔の記憶を持ったまま生き続けているのだとサニーに真実を話したのです。

サニーは、前世の兄なんてすぐには受け入れられないと告げ、シンの自宅を後にしたのです。

高校の卒業式の日、教室でみんなが喜び語り合っている中ウンタクは自分の席に座っていました。

そこに突然電話がかかってきたのです。

その電話は、同じクラスの同級生であり委員長のキム・ユラでした。

「卒業おめでとう。たまには電話しよう」とウンタクに言ったのです。

先生が教室に入ってきて生徒達に卒業の祝福を送り、そして廊下で待っていた保護者達に子どもを労ってあげてくださいと教室に入るよう促しました。

それぞれの親が自分の子どもに祝福を送る中、ウンタクには祝福をくれる人は誰もいませんでした。

すると突然、赤い服の女が教室に入ってきて、ウンタクにハグを送り「ママも誇りに思うはずよ」と告げたのです。

その人物にウンタクは見覚えがありました。

以前、病院のトイレでほうれん草をくれて人だったからです。

なぜその人がウンタクにハグをくれるのか、ウンタクには分かりませんでした。

ウンタクの髪をなでつけながら「お前を授けて幸せだった」という言葉で、ウンタクは思い出したです。

9歳のあの頃、死神から守ってくれた老婆と同じ言葉だと…

赤い服の女と老婆が同一人物である可能性に気づいたウンタクに、何も言わないよう口止めし「卒業おめでとう」という言葉とともに花束を渡したのです。

その夜、死神は届いた名簿をシンに渡すためにシンの部屋にやってきました。

名簿の名前は、ウンタク

「神に腹が立たないのか?」と不思議に思う死神だったが、シンは、どうせ何度も来るのにそのたびに怒ってはいられないというのです。

シンは、赤い服の女が語った言葉を思い出していました。

剣を抜かなければウンタクは死ぬというお告げを…

シンは、ウンタクを呼び出しウンタクの名が刻まれた名簿が届いたこと、そして今までウンタクに隠していた話を打ち明けるのでした。

トッケビの花嫁の真実を知ったウンタクは、シンにとってもウンタクにとっても神は残酷だとつぶやくのでした。

話をした後のウンタクは、情緒不安定になってしまいました。

毎夜、気持ちがうつり変わるウンタク。

剣を抜いてあげるといってみたり、自分が死んでまた生まれ変わってくるといってみたり、また、あるときは一緒に死のうといってみたり…

そんなウンタクを落ち着かせるようにシンは「君を死なせたりしない。私が守る」と告げ、ウンタクを安心させるように抱きしめるのでした。

その夜からウンタクの気持ちは落ち着き、いつも通りの生活を始めたのです。

一方死神は、死神の帽子をかぶり姿を消して、サニーの経営するチキン店に来ていました。

能力を使い店内に入り椅子に座ると、帽子を脱ぎサニーと繋がりのある指輪を眺めていました。

すると、裏口から誰かが入ってくる音が…

それにビックリした死神は、指輪を床に落としてしまったのです。

指輪を拾おうとするが間に合わず、間一髪で帽子を被り姿を隠したのです。

入ってきたのは、サニーでした。

サニーがバックヤードに戻ったのを見計らって死神が指輪を拾うと、すぐにサニーは花の付いた枝を持って戻ってきました。

そして「身長は184㎝、靴のヒールが2㎝、このくらいかしら」といいながら距離を測るようにして、花の枝をふったのです。

すると、ちょうど死神の帽子にあたり、サニーの目の前に死神が姿を現しました

サニーは信じられない様子でしたが、今までのことがやっと腑に落ちたのです。

逃げ場の失った死神は、やっとサニーに本当の自分を話す機会を得たのでした。

自分は死神であり、無理と知りつつ幸せを夢みたことを…

そして、自分に問うようにサニーに「僕たち別れますか?」と告げたのでした…

すべてが明らかになって、死神とサニーの関係は…

ウンタクが大学内を散策しながら携帯でメールを打っていると、幽霊のお姉さん達がウンタクの側に現れ幸せそうなウンタクを揶揄うのです。

幽霊のお姉さんの1人であるジョンファが、成仏できずにいる原因である男に聞いてほしいことがあるとウンタクに言ったのです。

ウンタクは自分の危険も顧みず、「闇から開放してあげる。復讐しに行こう」とジョンファの願いを聞いてあげることにしたのです。

念のためにライターを用意してウンタクは、幽霊たちとその男性の勤める会社へ。

男性に亡くなった奥さんジョンファさんについてお話があると話すと、ビルの屋上へ向かう外階段へ連れていかれました。

ウンタクは、ジョンファからの伝言だといい幽霊のジョンファのいう通りのセリフを男性に伝えたのです。

どうやら、男性は奥さんであるジョンファを屋上から突き落とし、その保険金で愛人であった女性に贈り物を送っていたのです。

その頃、死神がシンに渡した名簿には、ウンタクの名と死因である転落死だけ記載されていたが、

ちょうどウンタクが男性と対峙している瞬間、名簿に日付と時間が浮き上がり始めました。

この話を初めて聞いて、こんな展開は困ると戸惑うウンタク。

さらに、「2人が殺害を企てる通話を録音し下駄箱に隠した」と更なる驚きの真実を口にしたジョンファ。

ウンタクは「こんな方法ではなく警察に届ければよいじゃない」とジョンファに話すが、

男性にはウンタクしか見えていないため、ウンタクがどうして真実を知っているのか不思議でしょうがないです。

男性は、ジョンファと同じようにウンタクのことも屋上から突き落として口を封じようとしたのです。

ウンタクは間一髪でライターの火を消し、シンを呼び出しことなきを得ました。

無事に男性を警察に突き出し、頼みを聞いてもらえた幽霊のお姉さんはやっと天国へ向かうことができたのでした。

一方死神は、処理漏れ2件について同僚に呼び出されていました。

ウンタクについては申請がなされているが、もう1件申請が出されない理由を書くように言われていると伝えるために呼び出したのでした。

死神は、書きたくても情報がなく理由書を書くことができないのです。

20年程前、長年彷徨い続けている死神を恐れない死者に出会ったが、逃げられてしまったことを同僚の死神に話しました。

チキン店の清掃をしていたウンタクに、幽霊のお姉さんが「前に話したベテランの幽霊を紹介するね」というとその幽霊が姿を現しました。

死神を恐れない死者が、ウンタクの前に…

「お前がトッケビの花嫁か?」と言い、舌舐めずりをしたのです…

トッケビ【チ・ウンタク】の前世は何?転生後19歳まで現れなかった理由は?韓国ドラマ【チ・ウンタク】の前世は何?転生後19歳まで現れなかった理由は?私のオススメの韓流ドラマや韓国俳優・女優さんについて書いています!韓国ドラマ動画を無料で見逃し視聴する方法も合わせてお伝えしています。...

キム・ゴウンが出演のこの映画がヤバイ!

ウンギョ青い蜜のネタバレと感想!キム・ゴウンの濡れ場に息を呑む…!!ウンギョ青い蜜【映画】のネタバレと感想!キム・ゴウンの濡れ場に息を呑む…!!私のオススメの韓流ドラマや韓国俳優・女優さんについて書いています!韓国ドラマ動画を無料で見逃し視聴する方法も合わせてお伝えしています。...

トッケビ11話韓流ドラマの感想

11話の最後に出てきた、ベテランの幽霊は恐らく「パク・チュンホン」ではないかと思います!!

あの装いと風貌から、間違いないですね!!

パク・チュンホンは、900年前トッケビとなったシンに殺されています。

900年もの間、幽霊となってさまよい続けていたことになります。

悪霊中の悪霊と化してますよね…

これは、波乱の予感ですね!!

いよいよ、黒幕登場!!

パク・チュンホンの登場で、一気に物語が最終話へ向かって進んでいきそうです。

10話では、かなり見逃せない場面がありました。

それは、ドクファが前世ではサニーがシンの妹だったこと、死神は人に触れるとその人の前世が見えるということを知っていたことです。

赤い服の女とも旧知の仲のようでしたし、凄く怪しいですよね。

ドクファは一体何者なのか?

まさか…死者であるパク・チュンホンとは繋がってないですよね?

本当に目の離せない展開の連続のトッケビ。

あっという間の11話でしたが、残りの5話も楽しみに視聴したいと思います!!

ドラマの内容もハラハラドキドキの展開の嵐ですが、ドラマ内で使われている挿入歌も素敵なんです。

私のお気に入りの1曲は、死神とサニーの切ない恋の挿入歌としてドラマ上で流れる曲です!

この曲を聞くだけで、胸がギュッと締め付けらるんですよね~。

この曲は、SOYOUさんの歌う「I miss you」という曲で、本当に切ない気持ちにさせてくれます。

サニーの心情を表しているような歌詞も本当に素敵です(*^^*)

ドラマ内で流れた際には、是非注目して聞いてほしいです♪

トッケビ12話の感想とあらすじネタバレ!死神のキスに涙が止まらない韓国ドラマ【トッケビ】12話のネタバレと感想です!私のオススメの韓流ドラマや韓国俳優・女優さんについて書いています!韓国ドラマ動画を無料で見逃し視聴する方法も合わせてお伝えしています。...
トッケビ【韓国ドラマ】全話動画を無料視聴!日本語字幕付き韓国ドラマ【トッケビ】の動画を一番お得に視聴する方法!私のオススメの韓流ドラマや韓国俳優・女優さんについて書いています!韓国ドラマ動画を動画配信サイトを使って無料で見逃し視聴する方法も合わせてお伝えしています。...
Sponsored Link