Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
トッケビ

トッケビ10話の感想とあらすじネタバレ!シンの優しいキスにキュン!名シーン再び!

マウム
マウム
こんにちは!マウムです。

こちらの記事では、トッケビの感想とネタバレを書いています。

見逃してしまった人どんな内容なのか気になる人は是非参考にしてみてください。

Sponsored Link

トッケビのキャスト

トッケビ/キム・シン … コン・ユ
チ・ウンタク … キム・ゴウン
死神 … イ・ドンウク
サニー … ユ・インナ
ユ・ドクファ … ユク・ソンジェ

思いの通じ合ったシンとウンタク

果たして幸せになれるのでしょうか。

一方で、掛け軸の女性の正体がいよいよ確実に…

トッケビ9話の感想とあらすじネタバレ!ウンタクに迫る危険とドクファの謎韓国ドラマ【トッケビ】9話のネタバレと感想です!私のオススメの韓流ドラマや韓国俳優・女優さんについて書いています!韓国ドラマ動画を無料で見逃し視聴する方法も合わせてお伝えしています。...

ここからネタバレになりますので注意してください!!

トッケビ10話のあらすじ

死神は、戸惑っていました。

頭に流れ込んできたサニーの前世は掛け軸の女性にそっくりであり、掛け軸の女性はシンの妹であるからです。

突然、様子がおかしくなった死神を心配するサニー。

一方、シンはサニーと死神のやり取りが気になっていました。

死神が、さっきサニーに呼び掛けた名前は前世の妹と同じ名前だったからです。

店内に戻ってきた死神は、サニーに惹かれた原点にあった指輪を一度返してほしいとサニーに告げたのです。

指輪、サニー、掛け軸の女性そして自分は何かしらの関係があるのではないかと考える死神。

初めて歩道橋でサニーに会った瞬間涙が出たこと、そして掛け軸の女性を見たときこぼれた涙。

涙の理由が、死神の消された過去と繋がりがあるのではと思うのでした。

後日、死神はカフェでサニーから指輪を預かり、自宅でシンと共に料理を作っていました。

心ここにあらずの死神に、「指輪は奪えたのか?(サニーの)前世が見えたのか?」と尋ねるシン。

シンは、死神に妹の名前もキム・ソンだったと告げたのです。

シンに見えるのは、未来だけで人の過去ましてや前世は見ることができないのです。

例え妹が見つかっても、前世の記憶はなくシンのことを認識することはできません。

それでも、シンは妹が現世で元気に暮らしているのか?誰かに愛されているのか?そして、幸せに暮らしているか知りたいのです。

そんな話を聞いた死神は、シンの過去を知りたいと言ったのです。

どうやって生き、そしてどうやって死んだのか…

高麗の将軍武臣だったことや主君に殺されたことを死神に話すシン。

王の死後、1人の王子が生まれたが王子の母は身分が低くそしてまもなく病死してしまったのです。

代わりに王位についたのが年の離れた兄でした。

幼い王子の味方は、国子監(国の最高教育機関)の博士であるパク・チュンホンのみ。

しかし、パクが王宮にきてから王位継承者や他の王族たちが次々と死に、王である兄も死んでしまったのです。

全員病死とされたが、のちに毒殺だったのだと成長した王子は悟るのです。

シンは、年の離れた兄が王だったころに仕えていましたが、その王も病に伏せっていました。

王は、自分の死期を悟りシンに遺言を残したのです。

親族が次々亡くなり、残るは弟のヨ(幼き王子)のみ。

ヨが王座に就いたらシンの妹を嫁がせヨを守ってほしいこと、そして正しい道を歩ませ間違いを犯したら戒め、決して死なせてはならないと…

パクは、幼い王子が王座についたことで王を思うように動かし、間接的に王位を得たのでした。

先王の遺言によりシンの妹を后に迎える準備をしていると告げた家臣に、武臣の妹を妃に選べという遺言を前王は控えるべきだったと苦言を呈すパク。

シンの妹が王の側にいることは、パクにとって都合の悪い事だったのです。

パクの思いとは反対に、お忍びでソンを見に行った王はソンに惹かれていました。

また、目の合った男を王だとは知らずに見ていたソンもその男性に惹かれていたのでした。

王へ嫁ぐために、駕籠で王宮へ向かうソン。

そんなソンに付きそうように側を歩くシン。

憎まれ口をたたき合う2人だったが、互いを大切に思っていることが節々に表れていました。

王宮内に入ったソンは、改めて会った王に惹かれるのでした。

パクは、王に「大切だからと強く握るとそのものは必ず死ぬ」と忠告をし、ソンに近づきすぎないように布石を打つのです。

そんなパクに、ソンは王を惑わせるなと告げるが、反対にパクから「ヨは王の息子だが育てたのは自分なのだから自分は父親も同然なのだ」

「一回の武臣の妹にすぎぬ身でとやかく言うな。諫めるべきは、お前の兄だ。死に場所とすべき辺境で戦に勝ち続けている。あやつこそ不遜では?一つの国に王が2人いる。これが謀反でないなら一体なんなのか?」と言われてしまうのでした。

パクは、シンに不信感や嫉妬心を感じるように王を惑わし、とうとう王はシンに剣を授け戦場で命を落とすよう王命を告げたのでした。

ソンは、王を思ってパクと距離をおき兄であるシンをお側に置くようにと伝えるが、とっくにパクに言いくるめられていた王は、

ソンの言葉に耳を傾けることもせず、兄妹で王位を脅かそうとしていると勘違いするのです。

そして、そこに便乗するようにパクが「上将軍キム・シンを打ち首にして王の威厳をお示し下さい」と進言したのです。

こうやって、パクは王の気持ちを上手く操りシンを排除したのでした。

その話を聞いた死神は、さらにもう一つ質問があるとシンに尋ねたのです。

指輪に見覚えがないか?聞くが、シンには全く見覚えはなかったのです。

影で聞いていたウンタクは、シンと死神がふざけた言い合いを始めたところで、ちょっと出掛けると声をかけたました。

ウンタクに付きそうシン。

ウンタクは、以前コ・ジョンヒョン(図書館の幽霊)が花をもって会いに来てほしいと言っていた願いを叶えるために坡州へ向かったのです。

坡州で、ウンタクはジョンヒョンの写真が飾られている献花台を見つけました。

その写真には、ウンタクの良く知る人物が一緒に写っていたのです。

それは、ウンタクの母でした。

なぜ、母が一緒に写っているのか?その真相を知るために、ウンタクは図書館の扉を開くようにシンに頼んだのです。

ウンタクを待っていたジョンヒョンに、「ママの友達なの?母を知っているの?」と尋ねるウンタク。

ジョンヒョンは、母チ・ヨニの友人だったのです。

ヨニと子どもができたら服を送り合おうと約束していたが、その約束を叶えることができなかったから、その分お金を守ったのだというジョンヒョン。

図書館のあるロッカーを指差し暗証番号を告げ、ウンタクに開けるよう促しました。

そのロッカーには、ウンタクの母ヨニの保険金が入った通帳が入っていたのです。

ジョンヒョンは、ヨニのお金を無事にウンタクに渡すために亡くなり幽霊になっても、ウンタクをずっと見守っていたのでした。

やっと役目を果たせたジョンヒョンは、ウンタクに別れを告げ母ヨニの元へ向かったのでした。

一方、死神はサニーに電話で呼び出され、サニーのお誕生日を祝うために出かけたのです。

死神は、確信を得るためにサニーの手を握ろうとするが、逆にサニーから質問されてしまうのです。

手も握りたいしハグもしたいけど、死神が一体何者か?そして、なぜ本名が分かったのか?もう正直に話してほしいと言うサニー。

しかし、死神は死神であるためサニーの質問には何一つ答えることができないのです。

そんな死神の態度にサニーは、死神との付き合いに見切りをつけたのです。

偶然出会っても声をかけないでと…

一方、間もなく年が明けるころ、ウンタクはシンの部屋をたずねていました。

年が明けたことで成人を迎えたウンタクは、シンを誘って初めてのお酒を飲むために屋台へくりだしました。

楽しそうに飲むウンタクとシン。

そこへ、以前ウンタクの運命を変えるために自転車を転ばせた男が現れました。

シンに仕返しするために仲間を連れてやってきたのでした。

しかし、シンは以前は武臣で今はトッケビ。

あっという間に返討ちにしてしまったのです。

そんな様子を傍目に、飲み続けるウンタク。

ロマンティックに一つ足りないのはキスだといい、シンに近づくウンタク。

シンは、時間を止めて避けようとするが、トッケビの花嫁であるウンタクには効果はなかったのです。

シンは、ウンタクの頬を両手で包みそっとキスを贈ったのでした。

甘い幸せな時間が2人に流れていました。

年が明けた朝、ウンタクは朝からお雑煮とソバ豆腐を作っていました。

そしてウンタクは、昨年の夜霧の中ウンタクを救うためにさっそうと歩いてきた2人のことを思い出し、その姿はとてもステキだった言ったのです。

顔を見合わせるシンと死神。

その時、お雑煮に入れるための長ネギがないことを思い出したウンタク。

ウンタクの言葉に気を良くしていた2人が長ネギを買いに出掛けたのです。

あの時の再演のように、トンネルの中をさっそうと歩く2人。

2人のその手には長ネギの袋が握られていました(笑)

キマっていた2人だったが、トンネルのど真ん中を2人で歩いていたので、後ろからきたバイクにクラクションを鳴らされと文句を言われてしまうのでした(笑)

新年のおめでたい席で、サニーに振られたことを告白する死神。

死神とサニーの仲を取り持とうと、ウンタクとシンはあの手この手で仲直りさせようとするが上手く行かないのでした。

部屋の中でシンは、10年後カナダのレストランでのウンタクの様子を思い出していました。

その時ウンタクが付けていたネックレスが、カナダの露店でウンタクが見ていたものだったことを急に思い出したのです。

そして、それをプレゼントしたのが自分であったのだと思い、カナダへ買いに行ったのでした。

帰宅すると、そこにはユ会長が待っていました。

一緒に碁を打っていると、シンには会長の寿命がもう僅かなことが見えてしまったのです。

また、親しい者が先にこの世を去ることに遣る瀬無いシン。

そして、その事実を死神に話し時機に名簿が届くと告げるのでした。

シンと死神との話の中で、話題はサニーのことへと移っていきました。

死神は、今までシンには話していなかったサニーから見えた前世の話をシンに話し、彼女は掛け軸の女性と同じ顔していたし、シンの妹ではないか?と告げたのです。

そして死神に見えていた前世の話をシンにするのでした。

最初は全く信じていなかったシンだったが、死神の話す妹の前世の話、「駕籠の窓を開けて笑っていた。そして今日の私はきれいですか?という声に答える声があった」

「不器量だ」という言葉が死神とシンの間で重なったのです。

サニーは、シンの妹キム・ソンの生まれ変わりであると確信するのでした。

過去の回想に被せる様に最後に現れた王の顔は、死神の顔だった…

トッケビ【チ・ウンタク】の前世は何?転生後19歳まで現れなかった理由は?韓国ドラマ【チ・ウンタク】の前世は何?転生後19歳まで現れなかった理由は?私のオススメの韓流ドラマや韓国俳優・女優さんについて書いています!韓国ドラマ動画を無料で見逃し視聴する方法も合わせてお伝えしています。...

キム・ゴウンが出演のこの映画がヤバイ!

ウンギョ青い蜜のネタバレと感想!キム・ゴウンの濡れ場に息を呑む…!!ウンギョ青い蜜【映画】のネタバレと感想!キム・ゴウンの濡れ場に息を呑む…!!私のオススメの韓流ドラマや韓国俳優・女優さんについて書いています!韓国ドラマ動画を無料で見逃し視聴する方法も合わせてお伝えしています。...

トッケビ10話の感想

やっぱり、サニーはシンの妹でした!!

もしかして…と思ってから、真実が明らかになるまで長かったです( ゚Д゚)

この勢いで次々と色々な謎が解明されていきそうですね。

サニーの前世の記憶がどうなるのかも気になるところです。

現在は、シンのことを覚えている素振りはありませんが、今後の展開で過去を思い出すのではないでしょうか!!

そして、一番気になったのが10話の最後の映像です!!!!

過去の回想に被せる様に最後に現れた王の顔は、死神の顔になっていました。

掛け軸の女性を見て涙を流したことやサニーに初めて会った時にこぼれた涙から、死神はやはりワン・ヨで間違いないですね!!

シンがこの事実を知ったとき、一体どうなってしまうのか…

今からハラハラドキドキしてしまいます(>_<)

10話では、また見たいと思っていたスペシャル演出もありましたヾ(≧▽≦)ノ

2話で、まるでランウェイを歩くようなシンと死神のカッコイイシーンが記憶に新しいですが、10話ではそのステキなウォーキングに笑いを交えた演出があったんです!!

カッコイイのに片手にネギ袋、そして道の真ん中を歩いていたことで注意を受ける2人に思わず、笑ってしまうシーンでした。

見所満載のトッケビももう10話です!!

これから、目の離せない展開が目白押しの予感です♪

トッケビ11話の感想とあらすじネタバレ!ついにパク・チュンホン登場…?韓国ドラマ【トッケビ】11話のネタバレと感想です!私のオススメの韓流ドラマや韓国俳優・女優さんについて書いています!韓国ドラマ動画を無料で見逃し視聴する方法も合わせてお伝えしています。...
トッケビ【韓国ドラマ】全話動画を無料視聴!日本語字幕付き韓国ドラマ【トッケビ】の動画を一番お得に視聴する方法!私のオススメの韓流ドラマや韓国俳優・女優さんについて書いています!韓国ドラマ動画を動画配信サイトを使って無料で見逃し視聴する方法も合わせてお伝えしています。...
Sponsored Link