七日の王妃

七日の王妃15話あらすじネタバレと感想!いよいよ決心!ヨクとチェギョン婚姻へ。。。!?

ハヌル
ハヌル
こんにちは!ハヌルです。

こちらの記事では、七日の王妃の感想とネタバレを書いています。

見逃してしまった人どんな内容なのか気になる人は是非参考にしてみてください。

Sponsored Link

七日の王妃のキャスト

シン・チェギョン … パク・ミニョン

イ・ヨク … ヨン・ウジン

イ・ユン … イ・ドンゴン

ソノ … チャンソン(2PM)

ここからネタバレになりますので注意してください!!

七日の王妃14話あらすじネタバレと感想!とうとう2人に婚姻の命が!?韓国ドラマ【七日の王妃】14話のネタバレと感想です!私のオススメの韓流ドラマや韓国俳優・女優さんについて書いています!韓国ドラマ動画を無料で見逃し視聴する方法も合わせてお伝えしています。...

七日の王妃15話ネタバレとあらすじ

幼かった頃のように笑顔で掛けていく晋城大君とソノ。

その訳は。。。ソノはチェギョンのと再会を、晋城大君はチェギョンとの婚姻をするために、自分を信じてもらうこと。

「俺の背中を押して欲しい。。。」

と仲間にお願いをする晋城大君に、わざとはぐらかす仲間たち。

待ち合せの場所でも、ソノに「ちゃんと背中を押せよっ!」と念押しをする晋城大君。

そして、一台の輿が現れ、慌ててしかも浮かれ出す2人。

輿が着くと、真っ先に駆け寄るソノに、負けずと近寄る晋城大君。

輿をめくると、気持ちよさそうに寝ているチェギョンがいた。

あまりにもかわいく、そしていとおしいチェギョンの寝顔を見たいと、ソノを突き飛ばし、寝ているチェギョンの前に座る晋城大君。

「寝ている時が一番かわいいなあ。。。」

と、本当にいとおしいチェギョンを見つめる晋城大君。

そこへ、ふと目が覚めるチェギョンは、目の前にいる晋城大君を見て驚くのと恥ずかしいのとで、慌て輿に頭をぶつける。

輿から出たチェギョンは、晋城大君以外にもう一人の男性がいることに気づくが、その男の事は「獄舎でみた兵」だと。。。

くすっと笑う晋城大君と、「獄舎の兵」と思われているのが不快なソノ。

ですが、すぐにチェギョンは気づき。。。

「あなたは!ソノ!」

気づいてもらえた嬉しさに、照れながらも笑顔ほころびるソノ。

久々に再会したソノの横に、なぜ?晋城大君が?とたずねるチェギョン。

「私たち3人は友達ではないか、汁にはキムチがないと。。。」

と言いかける晋城大君を、昔のように気さくに突っ込むチェギョンに、笑顔がこぼれるソノ。

元気だった?お父様は?と、たずねるチェギョンに、ソノは、寂しい顔をしながら「父は、姿を消したのです。お嬢様の一族に迷惑がかからないようにです。でも、必ずすぐに合えますよ。」と、ソノ。

笑顔を取り戻したソノを見て、笑顔になる晋城大君とチェギョンだった。

その頃、大妃の部屋では、大妃とパク・ウォンジョンとミョンヘが、これからの事を相談中。

なんとか、チェギョンの父シン・スグンも味方に付けたい大妃とパク・ウォンジョン。

一方、燕山君の前に呼ばれた、チェギョンの父シン・スグンは、燕山君に究極の質問をされる。

「晋城大君が謀反を起こしたら、そなたはどちらにつく?」

驚くシン・スグンであるが、「王子様の謀反はありえないことです。」と。

続けて、「私はもちろん、王様の臣下として王室と朝廷を守り抜く所存です。」と、シン・スグン。

だが燕山君は、「晋城大君が娘婿になっても変わらぬと?」と、シン・スグンに追い討ちをかけるような、究極の質問攻めをします。

王子様の義父である前に、王様の臣下であり、この国の官僚であるのと、謀反が起きたときは、命がけで阻むと、王様に誓うシン・スグン。

「信じれるものは、そなたしかいない。。。」

という燕山君に、丁重に頭をさげるシン・スグン。

燕山君は、幼い頃から、シン・スグンが味方になってくれたことを思い出し、意を決してシン・スグンに告げます。

「もし、そなたが裏切れば、持っている力を全て使い、そなたの家族や一族、皆の命を奪うつもりだ。真っ先にチェギョンが死ぬであろう。」

何も起こりません。。。

と、動揺を隠しきれないが、燕山君の言葉を飲み込むシン・スグンだった。

未だ、昔のように久々会っている、晋城大君、ソノ、チェギョンの3人。

チェギョンと2人きりになりたい晋城大君は、ソノに「少しは気を使え!」脅すのですが、「キムチは黙っててください」といい返すソノ。

ですが、何かに気配を感じたソノは、黙って後ろに下がり、晋城大君とチェギョンを2人きりにさせる。

ぎこちなく顔を合わせる晋城大君とチェギョン。

昨日の件だが。。。と話し始める晋城大君に、「予言が大事だからではなく、王子様が大事だから、あの予言が怖いのです。」

と、真実を話すチェギョン。

2人が会うたびに悪いことが起きる、私と一緒にいると王子様の身に危険が。。。私のせいで殺されかけたのだ。

そう話すチェギョンに、「違うぞ」と晋城大君。

チェギョンのおかげで死の淵から舞い戻れたこと、待つ者がいるから生還できたこと、必死で地獄から這い上がってきたのに、”予言が大事だから、もう会わない”のは、ふざけている!と、話す晋城大君。

ですが、どうしても予言を心配するチェギョンは、晋城大君に”運命に従うべき”と伝える。

”予言”がチェギョンの運命ならば、晋城大君の”運命”は「チェギョン」だと。

胸を打たれるチェギョンは、晋城大君を見つめながら、の時!突然!!川へ背中を押される晋城大君。

そう、晋城大君の仲間達が、「背中を押す」ために駆けつけていたのです。

仲間達も、次々に川へ落とされ、そしてチェギョンも。。。

仲間たちとの、久々の大騒ぎに心底楽しみ、笑顔があふれる時間だった。

楽しい時間を過ごした帰り道、「本当に、信じてもいいのですか?昼間の言葉を信じて、勇気を出しても?」と、意を決して晋城大君に確認するチェギョン。

さらに、追い討ちをかけるように、最後の質問をするチェギョンは、

「あの予言と自分の運命が、恐ろしくありませんか?王子様の人生を台無しにするかも。。。」

と、いうチェギョンに、”お前がいなければ、死んだも同然だ”と、晋城大君。

2人は、自分達を信じて前に進むという、決意の表れかのように、笑顔で微笑んだ。

その頃、チェギョンの屋敷では、チェギョンの父シン・スグンと母が、2人の婚姻の事を相談中。

チェギョン母は、2人の婚姻を予言がある以上、断然否定派であるが、父シン・スグンは、娘チェギョンを想う気持ちと、予言のこと、そして王様との約束など、色々なことで頭を悩ませていた。

王宮に戻ると、兄燕山君に呼ばれ、弓場で兄燕山君を待つと、晋城大君。

弓場では、兄弟が久々に弓を放つ中、チェギョンとの婚姻の話に触れる。

兄燕山君に、「チェギョンと婚姻する本当の理由は?」と聞かれるが、チェギョンの性格のいいことろなどを並べて話す晋城大君に、自分が欲しかったチェギョンを射止められなかったことに苛立つが、「幸せに暮らせよ」と一言残して、去る燕山君。

そして、晋城大君の婚姻を、面白くないのがもう一人、ミョンヘである。

部屋では、嬉しくて浮かれているチェギョンに、乳母が一言「他に女はいませんか?」と、はっ!と思い出すチェギョンは、慌てて部屋を出て行くが。。。

その頃、パク・ウォンジョンの指示で、仲間がいないことをソノから知らせを受ける晋城大君。

パク・ウォンジョンによって、勝手に指示されて大切な友人などが犠牲になっては、っと心配する晋城大君をよそに、”我々の目的は義賊ではありません”と言う、パク・ウォンジョン。

仲間が帰りが遅く、心配するソノと晋城大君であったが、無事に仲間達が帰ってきたことに、安堵する反面、心配を隠しきれず激怒する晋城大君。

質屋を後にした、パク・ウォンジョンとミョンヘは、晋城大君がひどく激怒していた事を気にしていたが、”全てはシン・チェギョンのせいです”と言うミョンヘ。

そんな折に、ソノの父親の話を持ちかけるパク・ウォンジョンに、ミョンヘは。。。

「ウソがつけぬ男です、バカ正直で隠し事ができない。。。」

と、いかにも好意を持っているかのように話すミョンヘに、「珍しいな、人に関心を持つとは」と、パク・ウォンジョンは聞くが、はっと我に戻り”私の務めですから”と冷静に返すミョンヘ。

イム・サホンの屋敷を襲った、晋城大君の仲間たちは、実は、イム・サホンの刺客たちに後をつけられていた。

そして、その質屋にイム・サホン自ら出向き、質屋の中に入り部屋の中をくまなく散策しながら、晋城大君を探すが、先に刺客がソノへ刀を向ける。

刺客も、ソノを覚えているようで、ソノもまた、その刺客の事は、よく覚えているので、今にも復讐したい気持ちではあったが、初めて見ますとはぐらかす。

イム・サホンがや刺客がいる中!?質屋に訪れたチェギョン。

すでに、イム・サホンが質屋に入っていくのは確認済みのチェギョンであったが、あえて出くわし、なんとかイム・サホンを追い出す作戦を自ら実行し、見事追い出すことに成功するチェギョン。

隠れていた晋城大君は、ソノや仲間や途中で現れたチェギョンのことが心配でたまらなかったが、チェギョンの勇姿を温かく見守っていた。

イム・サホン達が去った後、イム・サホンや刺客達が、「俺を覚えていたらどうしよう」と心配するソノに、”心配しないで、手出しはさせないわ”と、ソノに力強く誓うチェギョンを、ほほえましく見守る晋城大君であった。

燕山君は、イム・サホンに晋城大君の隠れ家は”質屋”では?と報告し、共に外に出るが、外にはなんと!チェギョンが現れ、王様にお話しがあると告げる。

「王子様をお守りしたいのです。もうすぐ私の夫になるので。。。」

というチェギョンに、突然怒りを爆発させた燕山君は、

「どうして、余の前で!ヨクの話ばかりするのだっ!俺は王だ!王は欲しいものは全て手に入る。だから、お前は余のものだ。」

と、突然チェギョンを抱きしめる燕山君だが、抱きしめられたチェギョンは、動揺を隠し切れず、ただただ力ずくで身動き取れないまま。

その光景を、遠くから見ている晋城大君の姿があった。。。

ヨンウジンの熱愛彼女はパクミニョンで歴代彼女が豪華?性格もチェック!ヨンウジンの熱愛彼女はパクミニョンで歴代彼女が豪華?性格もチェック!韓国ドラマのネタバレあらすじ・感想をまとめています!大好きな韓国俳優さんや女優さん情報も!韓国ドラマを動画配信サービスで無料で見る方法やお得に見る方法も合わせてお伝えしています!...
七日の王妃16話あらすじネタバレと感想!本当にウソはもうないのか?韓国ドラマ【七日の王妃】16話のネタバレと感想です!私のオススメの韓流ドラマや韓国俳優・女優さんについて書いています!韓国ドラマ動画を無料で見逃し視聴する方法も合わせてお伝えしています。...

七日の王妃15話感想

今回は、ほほえましいシーンが多くて、見てる方も安堵感がありましたが。

やはり、ドラマの後半は、また一波乱起きそうな展開になってましたね。。。

やっと、チェギョンへの信頼を取り戻し、婚姻まで取り付けた晋城大君ですが、やはりチェギョンは、王になるためのただの「駒」なのか?それとも、本当に愛しているからの婚姻なのか?ドラマ後半で、また信じられなくなってしまっているわたしです。

そしてそして!我慢の限界に来てしまった燕山君!

とうとう、チェギョンに!?大胆な行動に出ましたね!それでチェギョンは。。。!?

どうなってしまうのか?そのまま、晋城大君の愛を貫くのか?はたまた、燕山君に少しでも?傾いてしまうのか?次回こうご期待ですね!

そしてもうひとつ!ミョンヘも!少しづつですが、ソノが気になり始めてるようですね!

ソノとミョンヘも、次回もますます!目が離せませんね!

2PMチャンソンの入隊時期はいつ?過去出演作や病気の噂の真相は?2PMチャンソンの入隊時期はいつ?過去出演作や病気の噂の真相は?韓国ドラマのネタバレあらすじ・感想をまとめています!大好きな韓国俳優さんや女優さん情報も!韓国ドラマを動画配信サービスで無料で見る方法やお得に見る方法も合わせてお伝えしています!...
パクミニョンとパクソジュンの熱愛の真相は?噂の歴代彼氏もチェック!パクミニョンとパクソジュンの熱愛の真相は?噂の歴代彼氏もチェック!韓国ドラマのネタバレあらすじ・感想をまとめています!大好きな韓国俳優さんや女優さん情報も!韓国ドラマを動画配信サービスで無料で見る方法やお得に見る方法も合わせてお伝えしています!...
七日の王妃【韓国ドラマ】動画全話は無料視聴できる?ノーカットの日本語字幕付き!七日の王妃【韓国ドラマ】動画全話は無料視聴できる?ノーカットの日本語字幕付き!私のオススメの韓流ドラマや韓国俳優・女優さんについて書いています!韓国ドラマ動画を無料で見逃し視聴する方法も合わせてお伝えしています。...
Sponsored Link