アスダル年代記

アスダル年代記【韓国】第13話のあらすじとネタバレ感想!待望の最終章がついに幕を開ける!

ナビ
ナビ
こんにちは!ナビです。

こちらの記事では、アスダル年代記【韓国ドラマ】の感想とネタバレを書いています。

見逃してしまった人どんな内容なのか気になる人は是非参考にしてみてください。

Sponsored Link

アスダル年代記【韓国ドラマ】のキャスト

タゴン … チャン・ドンゴン

ウンソム … ソン・ジュンギ

タンヤ … キム・ジウォン

ここからネタバレになりますので注意してください!!

アスダル年代記【韓国】第12話のあらすじとネタバレ感想!”覆される空、起きる地”アスダル年代記12話【韓国】あらすじとネタバレ感想!チャン・ドンゴン×ソン・ジュンギ最新作!私のオススメの韓流ドラマや韓国俳優・女優さんについて書いています!韓国ドラマ動画を無料で見逃し視聴する方法も合わせてお伝えしています。...

アスダル年代記第13話のネタバレとあらすじ

大聖堂の天井に隠されたビョルバンを見つけ、アサシンの直系であることを証明したタニャ!

タニャがビョルバンを一振りすると、聖堂内にいた人々が膝をつき、タニャを崇め…。

そんなタニャの様子を満足げに眺めていたテアラは、アサシンが送ったアラムンヘスラについて尋ねます。

すると、「(アラムンは)もう既に、このアスダルにいる。」とし、タニャはタゴンを紹介するのでした!

タゴンと共に聖堂の外で、民衆に手を振るタニャ。

ウンソム、これであなたを助けてあげられる…!

 

一方、死体のフリをして、洞穴からの脱走を試みるウンソム。

あと一歩というところで、現れたのは、デカンの戦士…!?

洞穴から運び出されたのが、逃走を図る生きた奴隷たちだと知り、その場は大騒ぎになります!

なんとか命からがら逃げきったものの、ワハン族のタルセが、男らに捕まってしまい…。

タルセを再び救出しようと、作業場へ戻るウンソム。

その頃、ウンソムらと洞穴を抜け出したものの、逃げ出すタイミングを見計らってその場に残っていたイプセン(キム・ソンチョル)。

イプセンは、納屋で拷問を受けるタルセの姿を目撃します。

ウンソムが作業場に戻ると、そこには一人逃げようとするイプセンの姿が…。

タルセが納屋に閉じ込められていると知ったウンソムは、すぐさま救出に向かいます。

 

ハシ山の麓で、同じく脱出した仲間たちと合流したウンソム。

手負いのタルセを残し、イプセンと二人で、ウンソムはモモ族の村を目指します。

その頃、モモ族のタピエンは、夫サトゥニク(チョ・ビョンチョル)の帰りを待っていました。

洞穴で無念の死を遂げたサトゥニクの遺言を伝えようと、村へやってきたウンソムとイプセン。

そこで二人は、モモ族の長カリカ(唐田えりか)と出会います!

モモ族は彼女を、”シャバラ(光り輝く者)”と呼ぶのでした。

サトゥニクの妻タピエンに、遺言を届けたウンソム。

義理深いモモ族は、そのお礼にウンソムとイプセンに食料、衣服、そして寝床を与えます。

更には、モモ族のお礼の証として、貝殻の模様が刻まれた金の紋章を手渡すカリカ…。

その紋章を売って、儲けを山分けしようと持ち掛けるイプセンを一喝し、眠りにつくウンソム。

 

その日の夜、カリカの寝床を守る戦士たちに不穏な動きが…。

ウンソムの懐から、モモ族の金の紋章を盗み出し、一人逃げ出すイプセン!

目を覚ましたウンソムは、血を流すタピエンに、「シャバラ(カリカ)を助けて!」と言われ…。

実はカリカは、モモ族の反乱勢力に命を狙われていたのです!

幼い赤ん坊(カリカの息子)を抱え、山の中を駆け抜けるカリカ…。

そんなカリカのもとに、ウンソムが現れます!

一緒に逃げるも、このままでは勝ち目はないと判断したウンソム。

ウンソムは自分をおとりに使い、カリカとその息子を助けることに…!

 

間一髪追っ手から逃れ、近くで暖をとるイプセンのもとに現れたウンソム。

ウンソムは、カリカらが危険な目に遭っていたにも関わらず、一人逃げ出したイプセンをひどく非難します。

一方、ウンソムによって命を救われたカリカは、モモ族の軍を引き連れ、命の恩人であるウンソムを見つけ出すよう命じます。

そこに、モモ族の戦士によって連れてこられた、反乱勢力の男ら…。

カリカはその者らを、問答無用で斬首するのでした。

ウンソムの名前も知らないカリカは、自らの命の恩人をこう呼びます。

”紫の血が流れ、背中に模様を持つ男”

アスダル年代記【韓国】第14話のあらすじとネタバレ感想!日本人女優・唐田えりかの演技に注目!アスダル年代記14話【韓国】あらすじとネタバレ感想!チャン・ドンゴン×ソン・ジュンギ最新作!私のオススメの韓流ドラマや韓国俳優・女優さんについて書いています!韓国ドラマ動画を無料で見逃し視聴する方法も合わせてお伝えしています。...

アスダル年代記第13話の感想

ついに、『アスダル年代記』の最終章が始まりました~!

序盤から中盤にかけて、いま一つ伸び悩んでいたこのドラマ…。

でも、2章のラストは、とっても興味深い内容となっていました。

3章(最終章)も、この調子でどんどん盛り上がっていって欲しいですね(^^♪

 

さて、気になる第13話の感想ですが、今回のハイライトは、なんといっても日本人の登場!ですよね。

義理深いモモ族の首長”シャバラ(カリカ)”を演じたのは、日本で活躍する若手女優・唐田えりか!

前々から、日本の女優さんが『アスダル年代記』に登場するという話は話題になっていましたが、こんなに重要な配役とは!

正直ビックリです( ゚Д゚)!!

特に最近は、日韓関係がおもわしくない方向に向かっているので、これを機に、また関係が修復することを期待したいです^^

肝心の唐田えりかちゃんの演技は、とても堂々としていて、見ていて気持ちが良かったです!

また、モモ族はアス語(韓国語)が話せない設定なので、たどたどしい韓国語も、かえってリアルな感じでした。

今後のカリカとウンソムの絡みに注目です!

 

そして、本格的にアサシンの末裔として動きだしたタニャ!

衣装やメイクも小綺麗になり、キムジウォンの美しさが際立ってきました^^

ウンソムそっくりなサヤとの関係も、気になるところですよね~。

でもやっぱり視聴者としては、サヤには悪いけれど、ウンソムとのハッピーエンドが見たいんです(笑)

ウンソムとサヤとタニャ…この三角関係からも、目が離せませんね!

韓国ドラマ【動画サイト】を快適に見るならダントツでU-NEXTがおすすめ!【韓流】韓国ドラマの最新話や見逃し視聴したいなら動画配信サイトがオススメです!中でもU-NEXTが最強!その理由をわかりやすく解説しています。私のオススメの韓流ドラマや韓国俳優・女優さんについて書いています!韓国ドラマ動画を無料で見逃し視聴する方法も合わせてお伝えしています。...
Sponsored Link